Junpei3の日記
バイク・クルマをこよなく愛するJunpei3の日記です。 エクストリームバイク、クルマ、その他身の回りの些細な出来事を徒然なるままに記していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ・・・
今日いよいよNSXを買い取り店に引き渡しに行く。
バブル景気の真っ只中の私が中学生3年生の時にホンダが世に送り出した日本初のスーパーカーである。
当時新聞に掲載された広告を見て、その日本車とは思えないシルエットに一目惚れし、そのとき将来は絶対これに乗ろうと思ったのである。
学生の時はさすがにお金も無いのでMR2に浮気をしてしまったが、けっこうこう見えても一度決めたら目標に向けて固い信念を持ちつづける男なのだ。
MR2の後のミゼット2はちょっとした出来心。
でもいちおうこれまで3台はミッドシップという路線は貫いている。

10年ほどの間かなりのクルマバカだった私も、一年ほど前に大阪にいる時にふと高校時代を思い出し、バイクに乗ろうと思ったのである。
そして大型免許を取得して何気なく買ったCBR954RRというレーサータイプのバイク。
バイクは12年ほどのブランクがあったが、技術の進歩はものすごかった。
高校生当時に乗っていたバイクとは比べ物にならないくらいよく走る。
もちろん排気量の違いは大きいが。
高校生当時に憧れていたGPレーサーたちが乗っていたレース用車両と同等以上の走行性能だ。

スピード狂で目立ちたがり屋の私は少しでも目立って他人より速いクルマに乗って優越感に浸りたいという気持ちもあり、とても安いとは言えないNSXに憧れていたのかもしれない。
ただ、いくらNSXが速いと言っても所詮は国産メーカーの自主規制による280馬力のNAエンジンだ。
そのへんのカローラよりは多少は速いがブーストアップ程度のシルビアと比べるとあまり変わらない。

そう、スピード狂の私にとってバイクとの再会が大きな節目だった。
バイクに乗り出してからはそのあまりにもの走行性能の高さに愕然とし、NSXに乗ってもなんの刺激も感じなくなった。
それからというものほとんど休日はバイクに跨り、NSXはと言えばBIGSの練習に行くときと酒屋にビールを買いにいくときくらいだった。
バイクを買うまでは毎週のように洗車もしてたが、その後は半年くらい洗車をしなかった・・・
500馬力前後ある欧州のスポーツカーであれば、1000ccクラスのレーサーバイクと比べてもまだマシかもしれないが、残念ながら国産の馬力自主規制下で製造されたスポーツカーはその程度の性能である。
最近になってやっとこの馬鹿げた馬力自主規制が廃止され最近では国産車でも300馬力以上のクルマがちらほら。
この自主規制というものは、交通事故死者が急増した80年代後半になって”馬力が大きいクルマ=危険な車”という安直な発想で当時一番エンジン出力の高かったフェアレディZ(Z32)の280馬力以上は出さないようにしようという国産メーカーの言い合わせによるものだ。
護送船団が好きな日本ではその後15年以上もメーカー同士によるこの馬鹿げた自主規制が続けられた。
その結果、今となっては世界のトヨタと言えどもやはり格ではメルセデスやBMWには及ばない部分がある。
トヨタの最上級車セルシオがメルセデスのSクラスやBMの7シリーズのライバルとして認識されないのはやはりエンジンの格の違いだと思う。比べられるのはせいぜいEクラスと5シリーズがいいところだ。
Sクラスや7シリーズの最上級グレードのエンジンが500馬力のV12エンジンを積んでいるのに、セルシオはV8の280馬力というお寒い状況・・・
いくらセルシオが世界で一番の乗り心地と静粛性と言ってもやはりSクラスや7シリーズにはかなわない。
それはやはりエンジンの格の違いである。
80年代後半からの国産メーカーの自主規制はまさに国産自動車業界の失われた15年である。
私も含めて国産のスポーツカーに乗る連中はたかが280馬力でフルパワーと喜んでいたが、別にフルパワーではなくて、自主規制枠内の上限というだけである。
たとえばNSXのV-TECH3リッターのエンジンなら安全マージンを見ても350馬力は楽勝だろう。後期型の3.2リッターなら380馬力。
環境技術も相当進んでいるので、当然排ガス規制も達成しつつである。
それを280馬力に抑えつけられているのだ。
フェラーリやポルシェとは比べられないわけだ。

失われた15年を脱して、今後は国産車でも続々と400馬力オーバーのクルマが登場してくるだろう。
これから国産車がメルセデスやポルシェ、フェラーリと”格”において対等に勝負が出来る時代になるかもしれない。

と話が変な方向に行ってしまったが、どっちにしてもNSXはなかなかいい車だった。
なんと言っても量産車で世界初のオールアルミボディはすごい。
最近ではいろんなメーカーがアルミボディを作っている。
今度のコルベットもアルミボディらしい。
NSXは世界のスポーツカー業界にひとつのベンチマークを残したと思う。
NSXの次期モデルが出たらまた乗るだろう。
VFSH0207.jpg


スポンサーサイト
NSXともお別れ・・・
今日とうとう3年半付き合ってきたNSXを手放してきた。
おとといふと思い立って売ろうと思い、昨日さっそく買い取り査定に行ってきた。
いいのか悪いのか、こう見えても一度思ったことはすぐに行動に移すタイプなのである。
5件ほど買取店を回って最後の店でようやく納得のいく金額に達した。
1件目と5件目の店の査定額の差はなんと100万円!!
最初の店では査定額を聞いた瞬間「はい、売りません」と言ってすぐ帰ってきた。
どんだけマージン取る気やねん!!
そして2件目、3件目と徐々に査定額もアップ。
5件目の店はかなりNSXを手にしたかったみたいで当初想定していた金額をかなり上回った金額を提示してくれた。
15年落ちで普通ならとっくに減価償却してるはずなのに、その辺の新車が買えるくらいの金額で売れるとは、やはり腐ってもNSXだ。
最近はNSXのタマ数もかなり減ってるらしい。特にマニュアル車ということで希少価値も高い。
その店ではNSXの査定は1年ぶりくらいだったそうな。
それにしても最終的に提示してもらった金額で果たしてお店は利益がでるのかどうか、なんかちょっと罪悪感が・・・
なんと言ってももう故障だらけ。
オーディオは音が出ないわ、パワーウィンドウは左右ともモーターが焼き切れ寸前で手でガラスを引っ張ってあげないと最後まで閉まらず・・・
エアコンはかび臭いわ、時速150キロ以上になるとハンドルにジャダーが発生するわ、シフトチェンジで4速が入りづらいわ、ABSのモーターからたまに異音が出るわ、フェンダーパネルは以前にぶつけられて交換歴あり、フロントタイヤのサイドウォールにバースト寸前の亀裂、ヘッドライトのリトラクタブル機構は動きがぎこちない、オイルパンのパッキン劣化でオイルにじみあり、などなど、もう満身創痍状態。
これだけ直すだけでも軽く数十万。
ま、でもむこうもキッチリ車体のチェックをした上での査定額やし、あとのことは知りまへん。
ほんと予想以上の金額で売れてほっと一安心だ。

そして、帰りにふと立ち寄ったクルマ屋でさっそく一台のクルマに一目ぼれして思わず衝動買い!我ながら思い切った行動に出たもんだ。
4台目にして初のガイシャだ。左ハンドル。
ミッドシップの2シーター。しかもNSXよりもはるかに軽い車体。
そしてなにより車体の色は大好きな黄色である。やはりこういうクルマは黄色がよく似合う。
あー、納車の日が待ち遠しい。

とうとう31歳かー・・・
今日、というかすでに昨日は31歳の誕生日だった。
サーティーワン。アイスクリーム。
この歳になるとほんと歳とるのが早いなー。
ついこの前まで大学生やったような感じなのに。
ま、男は30過ぎてからいい味が出てくるって言うし・・・って、ただ加齢臭がきつくなるだけか??
まだまだ精神年齢は中学生なのでもう少し精神面でも大人にならないとなー。

この三連休はバイクで大阪に遊びに行ってきた。
久々のエラオマバイク!!のツーリングだった。
やっぱりみんなと走るのは楽しいわ。
また大阪に遊びに行こうっと。
あ、まっちゃんちに行くの忘れてた・・・

大阪出張
名古屋・大阪に出張に行ってきた。
初日の火曜は名古屋にある支社へ。
午後から数時間業務打ち合わせを行い、夜はそのまま人事異動の送別会に混ぜてもらいたらふく飲んだ。
そして、続いて二次会にも呼んでいただき、何やら寂れたスナックへ。
数年前本社で一緒に仕事をしていた元上司の行きつけのお店らしいが、行く前になにやら携帯でお店に連絡をしている。
「今から行くからお店あけといて」と。
そして10分後にお店に到着してみるとほんとについさっき急いで開店したような感じ。
時間はすでに午後9時くらい。普通のスナックならすでに営業開始している時間だ。
この店は客から連絡がきた時だけ店を開けるのか???と思いつつ結局一般の客は誰一人来ず、私と一緒に出張に行った上司と支社の人たちだけの貸切状態。
そしてJ3の十八番のヒロミ郷の”二億四千万の瞳”を熱唱した。
「ジャパ~ン!!」
結局12時過ぎまで飲んでたかな。
翌水曜は近畿支社へ。
電車料金をケチって新幹線ではなく近鉄特急に揺られて名古屋から大阪入り。
ほんの1ヶ月前まで私がいた近畿支社。職場のみなさんも相変わらずだった。
ここでは業務説明会で70人くらいの前で司会進行と資料説明を担当した。
人前でしゃべるのがかなり苦手な私だがなんとか無事にこなせた。かな。
そして、業務終了後はまたまた飲み会に呼んでいただいた。
翌木曜はふつうに東京に戻って仕事があるので当初は飲み会をお断りしてすぐに新幹線に乗って帰る予定だったが、せっかくなので終電に間にあうように30分ちょっとだけ混ぜてもらうことに。
30分の間にビール2杯と焼酎1杯を流し込み途中で先に失礼した。
新幹線の中ではほろ酔い気分で爆睡。
そして先ほど0時前に無事に埼玉の自宅に到着。
今また発泡酒を飲みながらこのブログを書いている。
さて、また明日(というか今日)仕事がんばるかー。






二日連続!?
連チャンでいつもの寂れた健康ランドへ行ってきた。
さすがに二日連続で健康ランドの仮眠室のベッドで寝ると体が痛い・・・
二日とも同じおっちゃん、おばちゃんを見かけた。
毎日来てるのか??よっぽど健康ランドが好きなようだ。
他人のことは言えないが・・・
まったくいい歳してこんなことしてていいのか。。

昨日の昼間はこれまたいつものジムに行ってきた。
プールでは25m×20本泳いだ。
最初は4,5本でもういっぱいいっぱいだったのでかなり余裕が出てきたかな。
水泳はダイエットにはかなり効果的らしいが、体重はぜんぜん減ってないなー。
そりゃー、いくら運動しても不健康ランドに行って酒飲んで食っちゃ寝してたら痩せるわけないか・・・

今晩(朝方)はいよいよサッカーW杯の決勝。
がんばって早起きして見るとするか、な。


5日連続
今日も相変わらず仕事帰りに自宅近くにオープンしたばかりのフィットネスジムに行ってきた。
先週の土曜にオープンしてから今のところ毎日通っている。
風呂好きの私にしてみると家に帰って狭いユニットバスでシャワーを浴びるよりも広々とした浴槽に浸かれるのでたまりまへん、って感じ。
おそらくジムのスタッフからは「毎日することがなくて寂しいやつ」と思われてるに違いない。
そんなことはお構いなしだ。どうせ暇人ですから・・・
今日はプールで25mを20本泳いだ。
最初は5本泳いだだけでグロッキー状態になってたが、かなりゆとりが出てきた。
腰の周りの脂肪も少し減ったような。
気のせいか・・・
フィットネスクラブ
7月1日にオープンしたばかりのフィットネスジムに今日(というかすでに昨日)も行ってきた。
3日連続で行ってるなー。
三日坊主になるんちゃうかー!?って、たぶん大丈夫。
風呂好きの私、ジムは帰りの駅から社宅までの間にあるので銭湯のつもりで毎日寄って帰るし。
昨日に引き続き、今日もプールで泳いできた。
25mを12本。たかだか300mだが、実際に泳いでみるとかなりハードだ。
昨日は25mを8本でいっぱいいっぱいで最後のほうはほとんど溺れてるような状態だったが、今日は少しだけ余裕が出てきた。
こう見えても小学生の頃はスイミングクラブに通ってたのである。
でも20年以上も前のはなし・・・
わき腹の気になってた脂肪の塊が少しだけ減った感じ、かな。
梅雨が明けたら海に行こうかな。
それまでにムキムキのハガネの肉体にしよう。とちょっとだけ思ってる。
運動三昧
VFSH0205.jpg


今日オープンしたばかりの家の近くのフィットネスジムに朝から行ってきた。
有酸素系とパワー系を30分ずつ。
そのあとゆっくり風呂に入って帰宅。

昼からはいつものようにエクストリームの練習。
最近なんだかスタンディングウィリーが板に付いてきた感じ。。
ストッピーもけっこう普通にできるようになってきた。
そして先日注文をしていたイエローコーンのチームクルーシャツを取りに2りんかんに。
今年の夏はこのスタイルで行こうかな。。
ジャケットはいくらメッシュといえどもかなり暑いしなー。

VFSH0208.jpg


夕方からはバドミントンの練習に参加。
なんか今日はけっこう充実した1日だった。
疲れた・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。